投稿 / 未分類

未経験から目指せる!ノマドワーカーに最適なおすすめ職種3選

ノマドワーカーという働き方が注目されています。ノマドワーカーとは、時間も場所もとらわれず、好きな時に、好きな場所で働くという働き方です。ノマドワーカーになるには、2つの方法があり、1つは会社に所属しながらノマドワーカーになる方法と、もう1つは、会社に所属せず、フリーランスとして働く方法があります。今回は、未経験からフリーランスとしてノマドワーカーを目指せるオススメの3つの職種をおしえます。

未経験から目指すノマドワーカーオススメ職種3選

ここで紹介する3つの職種は、パソコン1つあれば未経験でも好きな時間に好きな場所で働ける職種です。ノマドワーカーに最適な職種です。ぜひ参考にしてみて下さい。

動画クリエイター

最初は動画クリエイターです。仕事内容は、動画撮影に関する全てのことです。撮影はもちろん編集、企画、脚本などです。最近は、動画編集のニーズがかなり高まってきており、その影響で人手不足の状況が続いています。今後も動画クリエイターの市場は大きくなると思われますので、今後動画クリエイターの需要がますます高まることが予想されます。

未経験から動画クリエイターを目指す方

動画編集未経験で動画クリエイターを目指すなら、動画編集スキルを身につける必要があります。その他に、画像編集スキル、撮影スキル、企画や構成スキルも必要です。画像、動画を編集するには、画像編集ソフトや、動画編集ソフトを扱えることが必要です。画像編集に使うソフトには、Photoshop、Illustratorがあります。動画編集ソフトには、Finalcut、Premiere、Motionなどのソフトがあります。初めて聞く方には聞き慣れない言葉ばかりで、難易度が高く感じるかもしれませんが、動画クリエイターになるには必要なソフトです。

未経験から目指すには、「独学?」「スクール?」

未経験から動画クリエイターを目指すには、独学か、動画編集を学べるスクールがあります。独学で勉強するには、映像関係の会社に入社してスキルを身につけるか、独学で、動画編集スキルを身につける方法があります。費用をおさえたい場合には独学で、スキルアップを考えている方はスクールがオススメです。

動画クリエイターの年収はいくら位?

フリーランスの場合は技術や能力によって様々ですが、有名になれば1本数百万の仕事がもらえることもあります。実績がなければ300万円以下になることもあります。案件を獲得するにはクラウドソーシングがありますが、クラウドソーシングだと単価は低くなる傾向にあります。単価の低い案件に置いても、クライアントからのニーズにあった動画をコツコツ作成していけば必ず大きな案件に結びつくと思われます。

動画クリエイターのやりがい

動画クリエイターのやりがいは、自分の作品が残ること、そして自分の作品で人の心を動かすことです。これを読んでいる方も、記憶に残る映画やアニメがあると思います。映像は、画面や文字より鮮明に記憶に残ります。今動画クリエイターを目指そうと考えている方はきっとなにか映像で心を動かされたに違いありません。あなたの動画で心を動かす映像を作ることが最大のやりがいだと思います。

デザイナー、webデザイナー

次に、女性に人気のWebデザイナーです。仕事内容はWebサイトのデザインを作成することです。他にもロゴ作成、バナー作成など様々な仕事があります。Webサイトの制作も必要不可欠であり、Webデザイナーも需要が伸びていくと考えられます。

未経験からWebデザイナーを目指す方

未経験からWebデザイナーを目指すには、デザインスキルを身につけることが必要です。ただデザインだけを作るのではなく、クライアントが求めるニーズをデザインできなければなりません。Webデザイナーは、デザイン作業をするまでが非常に重要で、クライアントとのヒアリング、調査分析、コンセプトや構成づくり、そしてコンテンツを決め、ようやくデザインを作成します。デザインは自分のセンスではなく、クライアントのニーズにあったデザイン作りをする必要があります。デザインスキルは必須条件ですが、クライアントにあわせたデザインを作れるスキルを身につけたWebデザイナーになることが重要です。

未経験から目指すなら「独学?」「スクール?」

独学からでもデザインは勉強できますが、デザインまでの重要な工程、ヒアリング、調査分析、コンセプトや構成づくりなどのスキルを身につけるにはスクールがおすすめです。デザインだけ学べるスクールだけではなく、デザインまでの工程を学べるところがオススメです。

Webデザイナーの年収はいくら位なの?

フリーランスとして多くの案件に対応できれば年収は上がります。案件の獲得にはクラウドソーシングがあります。Webデザインの需要は高まり続けているので、フリーランスは夢のある働き方です。数字としては明確な年収はわかりませんが、働き方によっては1,000万円も夢ではありません。スキルがあがれば日本にとどまらず、海外にいく選択肢もあります。

年収をあげるには、価格の低い案件でも丁寧に、クライアントのニーズにあったデザインを作り続けていけば自然と年収はあがると思います。

Webデザイナーのやりがい

Webデザイナーのやりがいは、自分の作成したWebサイトが世界中に届けられるという点です。もしあなたがデザインしたWebサイトで人々を驚かせたり、人々の注目を集めたりしたらどうでしょうか?Webの世界にはまだまだ可能性があります。あなたのデザインで世界中に発信することがWebデザイナーのやりがいだと思います。

Webライター

最後に、Webライターをご紹介いたします。Webライターの仕事内容はWebサイトの記事を執筆することです。まさに今ご覧になっているような記事を執筆します。文章を書くことが仕事です。Webの世界はこれからも広がります。今後もWebライターの需要がますます高まると思われます。

未経験からWebライターを目指すなら

未経験からWebライターを目指すなら文章の構成を学ぶ必要があります。Webの世界では情報があふれています。ユーザーは自分の必要な情報しか見ない傾向にあり、いくら文章をかけたとしても、ユーザーに最後まで読んでもらわなければ意味がありません。人に読んでもらえる文章を書くスキルが必要になります。すごく難しいことを言っているかに思えますが、人に読んでもらえる文章には、調査分析が必要です。調査分析ができていれば、ユーザに読んでもらえる文章を書くことができます。またGoogleで調べる時、コンテンツが上位表示にあるものが読まれる傾向にあります。その対策をSEO「検索エンジン最適化」といいますが、SEO対策を考えることも必要なスキルになります。

未経験から目指すなら「独学?」「スクール?」

Webライターは文章が書ければできる仕事だと言えます。独学でもWebライターにはなれますが、人に読まれる文章を書くには、独学だけでは難しいと思います。文章が書ければWebライターになれるため、Webライターには様々な人がいます。あなたが読んでもらえる、感動を与える文章を書くには、スクールにいくのも一つの手だと思います。

Webライターの年収は?

Webライターの年収は300万円くらいと言われています。しかしWebライターには様々な人がいて、平均年収もあてになりません。あなたがユーザーが求める文章を書くことができれば自然と案件が増え、年収も上がると思います。

Webライターのやりがい

Webライターのやりがいはやはり言葉により人の感情や行動を動かすことです。人は言葉により私の気持ちを伝え、相手の気持ちも言葉により理解し、感動したり、笑ったり、嬉しくなったり、泣いたりします。あなたの書いた文章で、ユーザが感情を動かすことができたら最高のやりがいになると思います。

まとめ

未経験からノマドワーカーを目指す3つの職種をおすすめしましたが、どれも簡単では無いということがわかります。

動画クリエイターは動画編集スキルだけでなく、、企画や脚本スキルも必要です。

Webデザイナーはクライアントのニーズにあったデザインを作成する必要があります。

Webライターは、ユーザーを行動させる文章を書く必要があります。

しかし、いまこの記事を最後まで読んでいる、ノマドワーカーを目指すと心に決めた方、決して、あきらめずに、一歩一歩、しっかりと知識をつければ、十分に活躍できると思います。ノマドワーカーという働き方で、好きな時間に、好きな場所で、縛られない自由な生活を目指してみてはいかがでしょうか。

Follow me!

投稿者

sigeo343@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP