投稿

飲食業ってどんなところ?失敗しない飲食業界への転職

飲食業ってどんなところ?失敗しない飲食業界への転職

飲食業に転職したいと思っている方は多いと思います。

飲食店で料理の勉強をして将来自分のお店を持てるかもと、飲食業に転職も考えている方も多いと思います。

しかし飲食業はきつい、辛いというイメージがあります。

転職して自分にあってなかった。

転職してやっぱりきつかった。

と後悔したくないですよね。

そこで飲食業について詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてみて下さい。

おすすめの飲食業の会社をはじめ、皆様の飲食業への疑問もお答えしたいと思いますのでぜひ最後まで読んで見て下さい。

仕事内容

飲食業の仕事内容は、主に調理を担当するスタッフと接客を主に担当するスタッフに分かれます。飲食店によって両方を担当することもあります。

キッチン

キッチンスタッフの主な仕事は調理です。

  • 調理
  • 仕込み
  • 食材管理

おもに上記の業務をしています。

ホール

ホールスタッフは主に接客を担当します。

  • お客様のお出迎え
  • 席の案内
  • お冷の提供
  • 注文とり
  • お料理を運び
  • お会計
  • 席の片付け

などの業務をします。

店舗管理

正社員となればキッチンとホールの他に店舗管理をします。

  • 発注業務
  • 予算の作成
  • シフト作成
  • 人材の管理・育成
  • お店の清掃
  • 売上の報告
  • スタッフの時間管理
  • 原価管理
  • 棚卸し

等の業務があります。これらの業務は主にお店の店長業務です。

店長はエリアマネージャーの指示でお店を運営していきます。

発注業務

発注業務は足りなくなった食材等を発注する業務です。

お店により様々な発注方法があります。発注は平日と休日で食材の使用量が変わりますので、発注する際には、使用される食材を予想して発注します。

予算の作成

予算の作成は前年の売上と前月の売上を考慮し、予算を作成します。

例えば1月の予算を作成するときは、前の月の前年比を出します。

今年の12月の売上÷前年の12月を計算します。

前の月の売上が300万で前年の売上が300万だったとすると前年比は100%になるので、1月の予算を決める際には前年比の100%を考慮して作成します。

前年比が100%なので、昨年の1月の売上が400万のときは予算も400万とします。

そしてその400万を一日の売上予想として割り当てます。

シフト作成

シフト作成は予算が決まり、その予算によって必要な人員を割り当てます。

また混雑する時間帯にはスタッフを多くいれたり、混まない時間帯にはスタッフを減らしたりします。

人件費をきちんと管理することが店長の裁量とも言える業務で、お店の売上に大きく影響します。

人材の管理・育成

人材管理は面接してアルバイトを入社させたりする業務です。

人材の育成はスタッフの指導・教育です。

お店の清掃

お店をキレイに保つことも重要な業務です。

会社によっては清掃状況によって店長の評価を決める会社もあります。

飲食業最大手のマクドナルドには厳しい清掃マニュアルがあると言われています。

お店をキレイにすることは重要な業務です。

売上の報告

お店によっては毎日の売上を報告することがあります。

報告はエリアマネージャーに報告することが多いですが、直接本社に送る場合もあります。

スタッフの時間管理

スタッフの時間管理は、スタッフはそれぞれ働ける時間が決まっていることがおおいです。

とくに103万円の壁、130万の壁と言われる、扶養内で働くのか、扶養はないのか、スタッフそれぞれの条件に合わせて時間を管理していきます。

原価管理

原価管理はそのお店の原価がどのくらいなのかを計算で表します。

飲食店の原価率は大まかに30%と言われています。30%以上だとお店は赤字になると言われています。

飲食店によって原価の数字は様々ですが、原価をできるだけ低くするために、食材管理や、調理ミスをなくします。

棚卸し

棚卸しはだいたい月末に行う業務ですが、すべての食材の数を数えます。

仕込みも含みます。

棚卸しの数字は原価の計算に使われますので細かく食材を数える必要があります。

主な飲食業の業種と業態

飲食業の業種とは飲食店で何を売るのかということです。

飲食業の主な業種は下記の通りです。

  • 中華料理
  • イタリアン
  • 和食
  • 洋食
  • 焼肉
  • そば
  • 寿司
  • ラーメン
  • カレー
  • 居酒屋

などです

飲食業の業態とは商品の売り方です、飲食業の主な業態は下記の通りです。

カフェ・喫茶

ファーストフード

バイキング

テイクアウト

ファミリーレストラン

などです

飲食店へ転職する際の必要スキル

飲食店へ転職する際に特に必要なスキルをご紹介いたします。

ご紹介するスキルは今身についてなくても飲食業で働くと身についてくるスキルもあります。

コミュニケーション

接客サービスやスタッフとの人と接することが多いので、コミュニケーションスキルが必要です。

しかし初めて飲食業に付く人でも人と接することが多いので自然とコミュニケーションスキルが身についてきます。

洞察力

またお客様が何を欲しているのかという洞察スキルも必要です。

お水がほしい、注文したい、お箸や、お皿がほしいなどの洞察能力が必要ですがこちらのスキルも自然と身についてきます。

またお客様に対してだけではなく、スタッフにも気遣いが必要です。

飲食店は多くの人と働きます。

スタッフをよく観察して変化に気づきましょう。

身だしなみや言葉遣い

身だしなみや言葉使いなどお客様に対して印象が良くなるスキルも必要です。こちらのスキルも自然と身についてきます。

協調性

飲食業は一人で働くのではなく、スタッフ全員と協力しながらお店を回していきます。

協調性が必要です。協調性も働きながら身についてきます。

飲食業に向いている人

飲食業に向いている人は、判断力が早くテキパキ物事をこなせる人です。

お店が忙しくなってくると、1人で多くの仕事をしなければならなくなります。

多くの仕事をするには早い判断力とテキパキ行動することが必要です。

1つの仕事にコツコツ集中する方は向かないのかもしれません。

また体力がある人です。飲食業は一日中立ち仕事になります。

キッチンスタッフも一日中立ちっぱなしで調理します。

ホールスタッフは一日動き回り、一日仕事をすると10000歩も歩きます。飲食業は体力も必要になります。

飲食業メリットデメリット

飲食業で働くにはメリットやデメリットがあります。

どの業界でもメリットやデメリットがありますが、飲食業でのメリット、デメリットをまとめてみたいと思います。

メリット

辛いきついイメージのある飲食業ですがメリットもあります。

コミュニケーション力が付く

飲食業界では高校生や大学生ミドル層からシニア層と幅広い人と働くため、人とコミュニケーションが得意な人ならば、色々な人と仕事できるため、毎日が刺激的で楽しく働けます。

第一印象が良くなる

飲食業は楽しくお食事を楽しんでもらうことが必要になるため、身だしなみ、言葉使いに気をつけなけらばなりません。

正しい身だしなみや、正しい言葉が良くなり印象が良くなります。

協調性がつく

ピーク時にお店を回すには、スタッフとの協調性が必要です。

声を掛け合ったり、周りの状況を確認して手の足りない仕事を手伝うといった強調性が身につきます。この能力はどの仕事でも必要になる能力です。

食材知識が身が学べる

食材の知識が増えます。

飲食業態への専門知識がついてきます。

魚専門店なら魚に、肉料理なら肉に詳しくなります。

いろいろな食材に詳しくなると同業種の転職に有利になります。

就職がしやすい

飲食業界は常に人手不足な状態です。

未経験でも歓迎されるところが多いです。

飲食の同業種への転職もしやすいです。

飲食業界を経験していると歓迎される傾向にあります。

独立を目指せる

調理接客ができる、お店の運営ができるようになれば独立ができます。

独立を目指して飲食業界に転職するメリットになります。

デメリット

年収が上がりづらい

令和2年賃金構造基本統計調査では「宿泊業、飲食サービス業」の賃金は男性が27万8200円女性が20万8900円で全業種で最も低くなっています。

若いときは問題はないが、家庭をもったり子供が生まれたりすると生活が厳しくなり、飲食業で生活していくことが難しくなります。

子供のお金がかかる30代から40代になると資金面で厳しくなってくるため、飲食業から年収アップのため他業種への転職を考える人がいます。

一番年収の低い業種はカフェ・スイーツというデータもあります。

休みが不定期で休日祝日は休めない

休みはシフト制で、特に土日はお店が忙しくなる傾向があり、土日祝日は休めません。

長期休暇も取りにくく、GW、お盆休暇、年末年始休暇もとれないことが多いです。

飲食業界は人手不足で休みが少なく有給休暇も取得しにくいです。

人手不足

飲食業界は常に人手不足で、離職率が高いところが多いです。

人がいないのに店を運営しなければならないので、常に求人募集をしています。

人がいなければ他のアルバイトさんにお願いしたり、それでもいなければ自分が休みでも出勤しなければなりません。

飲食業のやりがい

ランチなどで忙しいピーク時を乗り超えると達成感とともにスタッフとの協調性がでてきます。

飲食業界で働くスタッフは笑顔で明るい方が多いので楽しく働けることがやりがいを感じます。

またお客様に美味しかったよと言われると飲食業をやってて良かったと思えます。

飲食業へ転職する際の必要な資格

飲食業に必要な資格はありませんが飲食業で働くと取得できる資格があります。

調理師

飲食店でパートでも正社員でも、調理経験を2年積むと、各都道府県が実施する調理師試験を受けることができます。

飲食店を運営していく中で必要な資格が食品衛生責任者と防火管理者の2つの資格が必要です。

この2つの資格はお店のなかに1人はもっていなければなりません。

この2つの資格があれば、もし飲食業で独立した場合、必須の資格になります。調理師免許は特に必要ありません。

飲食業のおすすめ会社3選

ではおすすめできる飲食業会社3選をご紹介いたします。

おすすめする飲食業の3選はネットによる口コミとホワイト企業ランキングで判断しています。

ホワイト企業ランキングのベスト10で口コミ合計3点以上の会社はこの3企業のみでした。

それではご紹介いたしますので参考にしてみて下さい。

株式会社アレフ

株式会社アレフはびっくりドンキーを展開している会社です。

全国に展開しており、お子様から大人まで人気も高いです。

事業の独自性も高く、今後成長していく企業だと思われます。

会社の将来性3.0

事業の独自性3.7

実力主義2.9

活気ある風土3.0

20代の成長環境2.8

社会貢献3.4

イノベーションへの挑戦2.6

経営陣の手腕2.4

合計3.0

ホワイト企業ランキング1位

スターバックスコーヒージャパン株式会社

スターバックスコーヒージャパン株式会社は全国に展開しているスターバックスを展開している会社です。

ここでしか味わえない商品が多く、店は常に忙しく人気があります。

また若い年代層からお年寄りまで多くの年代に人気があり、会社は今後成長していくと思われます

会社の将来性3.9

事業の独自性4.2

実力主義3.6

活気ある風土4.0

20代の成長環境3.7

社会貢献4.2

イノベーションへの挑戦3.9

経営陣の手腕3.6

合計3.7

ホワイト企業ランキング2位

日本マクドナルド株式会社

日本マクドナルド株式会社はアメリカマクドナルドのフランチャイズ企業です。

マクドナル語は事業の独自性が高く、全国にもテンポを展開していて、会社としても今後伸びていく企業だと思います。

会社の将来性3.6

事業の独自性4.3

実力主義3.9

活気ある風土3.7

20代の成長環境3.7

社会貢献3.4

イノベーションへの挑戦3.7

経営陣の手腕3.3

合計3.5

ホワイト企業ランキング9位

転職をするか悩んでいる人への質問に回答します。

飲食業はきついですか?

きついです。特に体力面がきつく繁忙店だと一日中動きっぱなしになります。

忙しい店ほどやりきった感はあります。一日もあっという間に終わってしまいます。

飲食業はクレームとかありますか?

あります。髪の毛が入っているとか、料理が遅いとか、一番やってはいけないことは食中毒です。

その様なクレーム対応マニュアルも完備されているのでその通り対処すればある程度大丈夫ですが、やはりマニュアル通りには行きません。

クレームをおこしてしまったら、真摯な謝罪をすることが一番重要です。

飲食業の人間関係はどうですか?

飲食業に関わらずどの職業でも人間関係はありますが、飲食業は協調性を求められるので環境の良い職場が多いです。

高収入な飲食業はありますか?

あると思いますが、それなりに大変なお店だと思います。

高収入な条件にしないと人しか集まらないということです。

まとめ

今後飲食業へ転職したい、または違う業種に転職したいと考えている方、飲食業はきつくて大変な面があります。

どの飲食業でも大体はシフトで決められ、定期的な休みがとれない、拘束時間が長い、給料が上がりにくいです。

しかし、調理経験やしっかりとした接客スキルを身につけたい方、飲食業で経験を積んで独立したいという明確な目標がある方はおすすめです。

また、おすすめ3選で3つの会社をご紹介いたしました。

どの企業も今後伸びてくると思われる会社です。

飲食業に転職してスキルアップや独立を考えてみるのもいいのではないでしょうか。

Follow me!

投稿者

sigeo343@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP