未分類

飲食業界から異職種への転職!活かせるスキル!おすすめ転職先!

飲食業界から転職を考えている人は多いと思います。

飲食業界の特徴として、年収が上がりづらく、定期的な休みがとれない。

体力的に厳しくなってきたと感じた。

子供が大きくなってきてお金が必要になってきた。

家族と過ごす時間がほしい。

将来に不安がある。

そう考えている人もいるのではないでしょうか。

実際に飲食業界の転職率は多い傾向にあります。

実際に飲食業界で働く半数を超える人が3回以上転職している統計があります。

飲食業界で働いていると、転職は難しいのではないか、同じ飲食業しか転職できないのではないかと考えているかもしれません。

しかし飲食業で得たスキルや経験は異職種でも十分にアピールできることが多くあります。

本記事では飲食業界から転職する際に、活かせるスキル、活かせる仕事や業界を紹介いたします。

また転職の際の注意事項や、また面接の際の自己PR方法や、志望動機の良い例などもご紹介していきたいと思います。

飲食業の活かせるスキル

飲食業で働いている人は、異職種に転職する際に、今までの経験やスキルが活かせないのではと考えていると思います。

いかし飲食業で培ったスキルや経験は異職種でも十分に活かすことができます。

では飲食業で活かせるスキルとはどんなスキルでしょう。

コミニュケーションスキル

飲食店はお客様との接客をする機会が多くなります。

またスタッフ同士のコミュニケーションが欠かせません。

飲食店のスタッフは高校生からシニア世代まで幅広い人が働いています。

高校生からシニア世代とコミュニケーションをとると話題が豊富になります。

また飲食店は一人の能力でたんたんと仕事をするのではなく、チームとして働きます。

お店が忙しくなるとお互いにコミュニケーションを取りながらチームで仕事をすることで、幅広い年代の人とのコミュニケーションスキルが身についてきます。

コミュニケーションスキルは異職種でも活用できるスキルです。

接客スキル

飲食店は接客機会が多いです。毎日多くの人が訪れる飲食店で働くと、お客様に失礼のないように自然と接客スキルが身につきます。

飲食店の接客はものを売るだけでなくできるだけお客様に気持ちい空間も提供しなければいけません。

すると笑顔も身についていると思います。

飲食店の接客スキルは異職種で十分に活かせるスキルです。

協調性

飲食店で働くには協調性が必要です。

ランチやディナーはお店が忙しくなります。

そのなかでお店を回すには協調性が必要です。

飲食店はチームで仕事をしています。

声を掛け合ったり、協力しあったり、仲間とともに仕事をすることで培った協調性は異職種でも活かせるスキルです。

身だしなみ、言葉使い

飲食店で働くとお客様に失礼にならないような身だしなみと丁寧な言葉使いが必要になってきます。

身だしなみと丁寧な言葉使いはビジネスの基本です。

お客様に接する際に身だしなみと丁寧な言葉使いを自然と身につけているので、異職種でも評価されやすいスキルです。

食事の知識や調理スキル

飲食店で培った食材知識や調理スキルは飲食店のみでしか活かせないスキルだと思いがちですが、異職種でも活かせるスキルです。

食材スキルや調理スキルは食品販売業や食品メーカーでも活かせます。

また思い切って料理教室などの働き方もできます。

飲食業を活かせるおすすめ職業

販売業

飲食店で培った接客は販売業に活かせます。

衣類、家電、食品などをお客様に直接販売する職種です。

飲食店から売るものが変わっただけなので比較的戸惑うことなく仕事ができると思います。飲食店で培った接客スキルは、お客様とのコミュニケーションでものを売るだけでなくお客様が満足できる空間づくりができる接客が必要です。

今まで飲食店で培ったコミュニケーションスキルを十分に活かせるでしょう。

接客が好きな人ならば販売業がおすすめです。

しかし販売業も休みが不定期になりがちなところが多いので注意が必要です。

営業職

営業職は特に資格がなく、飲食店で培ったコミュニケーションスキルや、身だしなみ、言葉使いを活かせます。

自動車のディーラー、不動産の営業、保険商品を取り扱う営業などがあります。

飲食店で培った接客業を十分に活かせる職業だと思います

また食材の営業ならば今までの知識を特に活かせます。

食品の営業は特におすすめします。

営業職はどの業界でも必要なため、求人が非常に多いです。

転職のハードルは比較的低い職業です。

特に営業には第一印象が重要です。飲食業で身についた身だしなみや丁寧な言葉使いは活かせます。

介護職

介護職も今まで飲食店で培ったスキルを活かせます。

介護業界は資格が必要と思われがちですが、「介護助手」としてなら特に資格がなくても仕事ができます。

介護業界で経験をつみ、国家資格の「社会福祉士」「ケアマネジャー」などの資格を取得することもできます。

利用者とのコミュニケーションや接客、言葉使い、協調性など今までの経験やスキルを十分に活用できるでしょう。

異職種に転職する際の注意点

飲食店でのデメリットは、収入が上がりづらい、定期的な休みがとれない、体力的に辛いなどが挙げられます。

もし転職先も自分が転職を決めた理由と重なるならば、その会社はやめましょう。

おそらく入社しても同じ理由で転職する可能性が高くなります。

転職先の状況をきちんと調べることも大切です。

Q&A

自己PRはどの様にいすれば良いのでしょうか

飲食店で身につくスキルはたくさんあります。

コミュニケーションスキルや協調性、身だしなみや言葉使いは自信をもってアピールできる部分です。

飲食店で身につけたスキルは異職種でも十分活かせます。

そのスキルや経験を自己PRとしてアピールしてみましょう。

面接の際に志望動機をどうすればいいのでしょうか?

志望動機を考える上で、「体力的にきつい」「休みがすくない」などの飲食業界のマイナス面を出さないようにしましょう。

「飲食店でコミュニケーションと接客を経験しています」「御社の経営方針に共感しています。」新しく営業の仕事に挑戦したいと思っています」「御社で自分のスキルや経験を生かしたいとおもいます」

というプラス面を伝えてみましょう。

まとめ

飲食業から異職種の転職のチャンスは多くあることがわかりました。

飲食店で培ったスキルも多くあります。

そのスキルを活かせば異職種でも多くの需要はあります。

そのなかでもおすすめの職種は販売業、営業介護職です。

今は転職の時代と言われています。

転職してステップアップをしてみてはいかがでしょうか!

Follow me!

投稿者

sigeo343@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP